DIAGONAL RUN TOKYO

EVENT

【2月23日(金)開催】Iizuka night 〜「開発拠点としての飯塚市の魅力とは」

\福岡・飯塚市をテーマとした採用イベントが開催/

飯塚市長&飯塚市に開発拠点を置いているベンチャー企業が登壇!

九州工業大学を中心とした大学の技術活用及びエンジニア採用を目的として、地方のサテライトオフィスを設置した理由等についてのパネルディスカッションを行います。開発拠点としてのサテライトオフィス、地方展開を考えているベンチャー企業及び地方での働き方等に興味のある方は是非ご参加ください。

<開発拠点としての福岡県飯塚市っって?>
飯塚市は九州工業大学、近畿大学等の3大学が立地しており、4000名を超える大学生が在籍しています。その中でも九州工業大学の情報工学部は2000名以上の優秀なエンジニアが在籍。

<こんな方におすすめ>
・地方にて開発拠点を検討されているIT企業の方
・地方での事業創出や起業に興味のある方
・地方創生に興味関心のある方

====================

■スケジュール
セッション① 18時30分〜19時00分
飯塚市長による飯塚市のご紹介

セッション②  19時00分〜20時00分
パネルディスカッション 「飯塚市におけるサテライトオフィス」
・パネリスト
株式会社オプティム 執行役員 山下 隆敏
スターティアラボ株式会社 代表取締役 北村健一
株式会社Pear 代表取締役 島井 尚輝
・モデレーター
デロイトトーマツベンチャーサポート株式会社 鍋島 佑輔

セッション③  20時00分〜21時00分
名刺交換および交流会 ※軽飲食付(飯塚市の地酒が飲めます!)

====================

【登壇者紹介】
飯塚市長 片峯 誠
1956年生まれ61歳。第一薬科大学薬学部卒業。
2010年飯塚市教育長就任、他地区に先駆けて東京大学と連携した協調学習や九州工業大学、
IT企業と連携したプログラミング教育を実践し、小学生の学力向上を実現。
2017年飯塚市長に就任し、「すべては市民とその未来のために~未来志向と本物志向~」を掲げ、未来に向けた経済振興に挑戦。

株式会社オプティム 執行役員 経営企画本部 山下 隆敏
1975年生まれ42歳。日本大学経済学部経済学科卒業。
外資系コンサルティングファームを経て、オプティムに参画。
経営企画として事業拠点展開も管掌し、事業推進・採用両面から拠点戦略を策定・実行している。

スターティアラボ株式会社 代表取締役 北村 健一
福岡県北九州出身、40歳。もともとプロのミュージシャンを目指して上京するが、2001年現スターティア株式会社(東証一部上場)に入社。
27歳で社内ベンチャーを立ち上げ、その事業部を2009年にスターティアラボ株式会社として分社化。プロデューサーとしてAR作成サービスCOCOARをローンチし、国内海外に5拠点を展開。
直近は海外上場企業との合弁会社を設立し、董事を兼務する。

株式会社Pear 代表取締役 島井 尚輝
1994年生まれ23歳。九州工業大学情報工学部卒業。
学生クリエイターのクラウドソーシング「HorseTail」創設者
学園祭情報配信サービス「学フェス」のWeb開発とマーケティングを2年間経験して70校の加盟校と2万ユーザをつける。その後、 フリーランスとして数十個のWebサイトの制作・運用を行った。2017年8月にPear設立し、OMNI-CORE(オムニコア)を発表。

※本イベントは、【一般チケットの購入→お申込みフォーム】への記入を持って、
受付完了とさせて頂きます。お忘れのない様、宜しくお願い致します。

[お申込みフォーム]  https://peatix.com/event/341959

====================
《日 時》2018年2月23日(金)18:30〜21:00【受付開始18:00〜】
《対象者》地方進出(開発拠点等)を検討している企業経営者・事業責任者・社員等
《参加費》無料
《持ち物》お名刺数枚 ※受付用、名刺交換用
《主催者》飯塚市(運営会社:デロイトトーマツベンチャーサポート株式会社)
《連絡先》本セミナーに関するお問い合わせは以下まで。
(運営会社)デロイトトーマツベンチャーサポート株式会社 担当:鍋島
yusuke.nabeshima@tohmatsu.co.jp

東京のコワーキングスペース
”ダイアゴナルラン東京”

【ドロップイン】500円 / 時間(税抜)

【1DAY】2,500円 / 日(税抜、利用時間:9:00 ~ 20:00)

会員登録不要、すぐにご利用いただけます。

利用を申し込む