DIAGONAL RUN TOKYO

EVENT

Staff

【4月23日(火)開催】<第5回>DIAGONAL LEARNななめの学校:地域とかイノベーションとかみんな言うけど、実際のとこどんなおもしろいことが起きてるの?

【DIAGONAL RUN TOKYOオープン2周年記念イベント】

DIAGONAL RUN TOKYOオープン2周年を記念して、
<DIAGONAL LEARNななめの学校>と<記念懇親会>を開催することになりました!

◆スケジュール
18:00 開会
18:15 DIAGONAL LEARN ななめの学校 トークセッション
19:15 懇親会開始
20:00 閉会
※詳細はhttps://diagonal-learn-05.peatix.comをご確認ください。

◆トークセッション詳細
DIAGONAL LEARN ななめの学校
地域とかイノベーションとかみんな言うけど、実際のとこどんなおもしろいことが起きてるの?
「地域とかイノベーションとかみんな言うけど、実際のとこ、どんなおもしろいことが起きてるの?」ネットが何もかもを結んで、どこにいても仕事ができて、これからは地域が主役になり、あちこちからすばらしいイノベーションが生まれ、人の暮らしはワクワクドキドキになり・・・なんていう物語があちこちで語られている。でも、「今」という現在地の中で、「地域」とか「人の生き方」とか「イノベーション」というものは、どんなリアルな意味を持っているんだろう?たとえば、日々をなんとな〜く生きる人にとっても、それって何か影響があることなんだろうか?これからの日本のこと、地域のことに、いつも、ハッ!そういうことかあ!というななめの視点を示してくれる田村大先生に話を聞きながら、みんなでワイワイ考えちらかす会にしたいと思います。

<スピーカー>
株式会社リ・パブリック共同代表 田村大(タムラ ヒロシ)
1994年東京大学文学部心理学科卒業。 2005年、東京大学大学院学際情報学府博士課程単位取得退学。学部卒業後、株式会社博報堂に入社。研究職として、ビジネスイノベーションに資する質的研究手法=「ビジネス・エスノグラフィ」の体系化と普及推進を手掛け、エスノグラフィーブームを呼ぶ。2009年、東京大学に日本初のイノベーション教育プログラム「i.school」を立ち上げ、ディレクターとしてプログラムの企画・運営を指揮。2013年、博報堂並びに東京大学を退職。地域や組織が自律的にイノベーションを起こす生態系づくりに向けたThink/Do Tank=株式会社リ・パブリックを設立。九州大学、北陸先端科学技術大学院大学にて客員教授を兼任。

<モデレーター>
(株)BLUEとGREEN クリエーティブディレクター/コピーライター 中村直史(ナカムラ タダシ)
長崎県五島市出身。筑波大学自然学類卒業。カリフォルニア州立大学(CSULA)大学院人類学部修了。2000年電通入社。2016年、故郷五島列島に近づきたくて電通を退社。BLUEとGREEN設立に参加。さまざまな企業や自治体の広告・ブランディング業務を行いながら、仕事・釣り・人に会うこと・旅することを渾然一体となってやっています。福岡、東京、五島を行ったり来たりの日々。筑波大学非常勤講師。東京・福岡コピーライターズクラブ会員。

◆イベント開催時間
2019年4月23日(火曜日)
18:00〜20:00

◆参加費
無料

◆イベント詳細URL
https://diagonal-learn-05.peatix.com

東京のコワーキングスペース
”ダイアゴナルラン東京”

【ドロップイン】500円 / 時間(税抜)

【1DAY】2,500円 / 日(税抜、利用時間:9:00 ~ 20:00)

会員登録不要、すぐにご利用いただけます。

利用を申し込む